40にして座る

40にして座る 超訳メモ

40歳という年齢は、40にして立つ、不惑の年などという。

誰が言ったのか?

孔子か老子か孟子か孫子か知らないが、さぞかし怠け者だったのだろう。

私は、40にして座った。

40にして座る

40にして立つ人間は、40まで座っていた人間だろう。

私は40まで立っていたし、時には歩き、走っていたりもした。

さすがに40まで40年間走り回っていたら、ほとほと疲れた。

だから、40にして座った。

50になったら立つかもしれない

40で座ったのだから、もしかしたら疲れも取れて、50になったら立つかもしれない。

その可能性は否定できない。

もちろん違う可能性もある。

50になったら寝転ぶかもしれない

40にして座ったのだから、自然の流れとしたら、次は横になる可能性もある。

仏像を思い出せばわかりやすい。

40歳

座る

50歳

涅槃像

まとめ

40にして立つものは40までは座っていたということ。

これだけは間違いない。

40にして座ったものは、50になったら寝転ぶのかもしれない。

これはまだわからない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました