作家もキャバクラ嬢もテクニックより心根が大事

作家とキャバクラ嬢の心得 超訳メモ

キャバクラでもテクニックがある嬢がNo.1となっていることが多い。

だから人は勘違いするのだろう。

小説はテクニックよりも心根が大事

小説の書き方がわからないという不安があるのか。

そんな弱気にさいなまれた時はこう思えばいい。

何も考えなくていい、気持ちのまま書けばいい。

キャバクラと文学

私が好きなキャバ嬢は、心はあるがテクニックが無いキャバ嬢だ。

そんな心だけのキャバ嬢を見ると、小説でも人間関係でも同じだと気づかせてくれる。

テクニックには心を隠す作用があるから、私くらい敏感な人間になるとテクニカルな人間には不信感しか芽生えない。

敏感な人間にはテクニックはプラスではなくマイナスに作用する。

まとめ

無論、心もテクニックもない人間は問題外だ。

不器用な人間は、テクニックよりも、心根を磨けばいい。

しっかりと地に足をつけて生きている深い慈愛さえあれば、それだけでもNo.1になれなくても固定客はつくだろう。

とびっきりに売れなくても食べていけるレベルにはなれるはずだ。

最後に一言。

「きみ、欲張るな」

コメント

タイトルとURLをコピーしました