煙草と珈琲

煙草と珈琲 超訳メモ

煙草と珈琲ばかり飲んでるよ。

煙草は1日3箱くらいかな。

珈琲はボトル3本で、3リットルくらいか。

こう書くとすごいね。

ただ普段は何も感じない。

息するようにタバコ吸ってコーヒー飲んでるよ。

でも、酒は、ほとんど飲んでない。

やめたわけじゃないけどね。

ただ、あまり好きじゃなくなったな。

今のところ、煙草と珈琲だけは、必需品だ。

戦争になって配給制度になったら、酒はいらないが、煙草と珈琲はもらいたい。

もし配給でもらえないなら、諦めるかもしれないか?

闇市まで行って買わないかもしれないな?

と、いうことは?

煙草も珈琲も、そこまで好きじゃないって事かもしれないな?

平時には必要だが、戦時下ではいらないものか?

戦時だったら、饅頭だな。

どうせ闇市行くなら、饅頭買うよ。

黒あんの甘い饅頭。

ショートケーキはいらない。

やっぱ、饅頭がいい。

今日の一言

平時には、煙草と珈琲。

戦時には、饅頭。

これって、あれ、死ぬときはって意味かもね。

生きるには、煙草と珈琲。

死ぬ時は、饅頭食べて死にたいってことだろうな。

たぶん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました