歩と走

時間旅行 創作メモ

毎日の日課として公園を歩いている。

公園の池の周りをぐるぐる回る。

そうしながらとりともない思考をまとめるのが習慣である。

子どもは走るが大人は歩く

よくあることだが、私が歩いている横を子どもたちが走り抜けていく。

かけっこだ。

それを見て私もふと「走ろうかな」と思う。

だが一瞬の気の迷いである。

やはり「歩こう」と決める。

時間の先を見にいく子ども

子ども時代は、よく走っていた。

だが、最近は歩いてばかりだ。

子どもが走る理由は、年を取りたいからだろう。

時間の先を見てみたいからだ。

子どもが走る理由は、少年が煙草を吸ったり酒を飲むことと同じ意味だ。

一刻も早く大人になりたいからだ。

大人は時の先は知っている

私はぐるぐるぐるぐる公園を何周もする。

同じところをぐるぐる回っているだけだ。

そうして考えがまとまれば、家に帰る。

時の先には行きたくもない。

走れば走るほど死に近づくことを知っている。

まとめ

子どもは走り、大人は歩く。

身体的な問題ばかりではなく、時間にたいする観念だ。

走れば走るほど死に近づく。

人生とは時間旅行である。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました