スポンサーリンク

リアル・バタフライエフェクトのすすめ

バタフライエフェクト diary

※本ページはプロモーションが含まれています。

バタフライエフェクトという映画を観たことがあるだろうか。簡単にいうと、何度やり直しても運命は変えられない、といった話だ。この映画を観た人は、きっとやりようのない気持ちになったはずだ。やはり人生というのは(私が私である限り、彼が彼である限り)何度やり直そうと無理なんだな、とふさぎこんでしまった人も多いことだろう。

私もかつてはそうだった。

しかし、ある時からリアルに「もしかしたら、変えられるのではないか?」と思えるようになった。

スポンサーリンク

バタフライ・エフェクト的挑戦

今現在、現実において1人でバタフライエフェクト的挑戦をしている最中だ。

「こうしたらどうだろう?」

「これもダメか」

「なら、これは?」

色々試しては、やり直し、という風に様々な試行錯誤をしている。うまくいくのかいかないのか、全くわからない。もうすぐ人生が終わると意識してから、約3年。もしかしたら運命は変えられるんじゃないかと思っている。

心得1:失敗してもいい覚悟

世の中的には、60歳で還暦という。

だが個人的な感覚では還暦は40歳に訪れる。40歳までが1度目の人生、40歳からは2度目の人生だ。この事実に気づいたのは3年ほど前だ。40歳から5年間は不惑どころか惑い続けたが、45歳にして気づいた。

40歳からは40歳までの人生を振り返り、一番自分にとって大事な要素だったことを改善する必要がある。タイムスリップはできないが、似たようなことはできる。現実的なやり直し。これが、リアル・バタフライエフェクトである。

心得2:アノ者を救い自分を救う

しかし、やはりダメかもしれない。

確かに映画の通り、何度やっても失敗ばかりだ。だが映画は2時間、現実世界は数十年ある。試す価値はある。これを達成できなければ、私は永遠に救われないだろう。最後まであくなき挑戦をするしかない。救われるとは、単純にいうと、罪の意識からということだ。罪の意識を払しょくする為には、何度もこの現実でバタフライエフェクトさながらの「生き直し」をする必要があるのだ。

まとめ

どういう意味かわからないかもしれない。ただ、こう思ってほしい。

誰だって、あの日、見殺しにしてしまった者の為に、何度でも「生き直し」はできる。

失敗するかもしれないが、もしかするともしかするかもしれない。

少なくとも、私は、そう信じている。

 

タイトルとURLをコピーしました