ワン女王陛下と四匹の侍

ワン上女王陛下と七人の侍 創作メモ

絶体絶命のピンチのなか、太郎左衛門は立ち上がった。

頭上に高々と剣をかまえ、ゆっくりと次郎右衛門と対峙する。

そうなると当然、騒ぎを聞きつけた三郎横衛門もお出ましだ。

しかし、その頃、四郎縦衛門はといえば…。

主人公について

この場合、まずはじめに太郎左衛門が登場することで、てっきり太郎左衛門が主人公と思う。

しかし、本当の主人公は、最後に現れた四郎縦衛門だ。

と、思いきや、まだわからない。

次の文章で、こうなる。

しかし、その頃、四郎縦衛門は、この物語の真の主人公であるワン女王陛下の元を訪れていた。

舞台背景について

当初、誰もが日本が舞台だと思っていたはずだ。

しかし、突如ワン女王陛下が現れたことで、「いや待てよ、ここは日本ではないかもしれない」と疑いをもちはじめる。

次の文章は、こうなる。

ワン女王陛下の宮殿は、太陽系ではない星にあった。

そうなると「現代劇かと思ったらSF?」となる。

時間について

さらに次の文章で、SF度が増す。

今年、800歳にあるワン女王陛下の前にくると、さすがの四郎縦衛門も跪くしかなかった。

なにしろ四郎縦衛門はまだ350歳程度の若輩者だからだ。

時間の感覚が現実世界と違うことに気づく。

さらに次の文章にいくと、こうある。

生命について

ワン女王陛下は、ドロドロのアメーバ状で3メートル以上もある体を揺らして笑った。

そう、主人公は人間ですらない。

完全なるSF小説である。

まとめ

太郎次郎三郎四郎、そしてワン女王陛下

今のところここまでだ。

まあ、ゆっくり考えよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました