diary

diary

書けないのか書かないのかを問い詰める

最近、どうも書く気がしない。書く気がしないから、書いていない。本当にそうなのだろうか。もしかしたら、これを俗に、書けなくなった、というのではないか。 書けないのか? 書かないのか? この2つは、心象においては全く違うのだが、結果としては同じ...
diary

愚痴をいうおじさんの心理と消化と昇華

愚痴をいうおっさんは嫌いだ。 いや、おっさんに限らず、老若男女問わず愚痴をいう人間は嫌いだ。 ということで。 今回は、なぜ、愚痴が嫌いなのかを考えてみたい。 愚痴をいうオッサンとは 愚痴をいうオッサンの共通点は、鬱憤がたまっていることだろう...
diary

真面目すぎて辛い時の対処法「がんばらないことをがんばる」

もう年の瀬だ。 まあ、今年は、がんばったな。 がんばりすぎたくらいだ。 だから、これ以上は、がんばりたくない。 それなのに、まったく。 真面目すぎて辛い 今年から真面目に働いてきた。 これ以上は働きたくない。 がんばらないことをがんばる 今...
diary

森井聖大の無情報ラジオ開始

このたび、ラジオトークというアプリにてラジオ番組をはじめることにした。 その名も、無情報ラジオ、という。 このアプリは収録ではMAX12分という制限時間がある。 だから毎回、12分間MAX、1人語りしていく所存だ。 ひとまず2本ほどアップし...
diary

明日は明日の風が吹く/失敗した時の対処法3選

また失敗した。失敗ばかりの人生だから特に珍しくもないのだが、いかんせん毎回イヤな気持ちになる。 それにしても、未熟にも程がある。このままでは爺さんになっても未熟のままだろう。「さえない人であった」という弔辞を読まれて終わるだろう。まあ、葬式...
diary

かたつむりto人間/夢詩

無 デタラメな恩人が 重なり合って濡れていた 雨後の子どもの泣き声 かたつむりの行進 虚 全滅の騎兵隊 おびただしい返り血 命 19歳の老人 80歳の少年 おぎゃーおぎゃー 残 死んでくれたのは 最後の親孝行 内面をかえりみれば 無が残った
diary

40にして立つ人間と40にして座る人間の違いとは/不惑の年の真実

40歳という年齢は、40にして立つ、不惑の年などという。 誰が言ったのか? 孔子か老子か孟子か孫子か知らないが、さぞかし怠け者だったのだろう。 私は、40にして座った。 40にして座る 40にして立つ人間は、40まで座っていた人間だろう。 ...
diary

言霊とは何か?言霊をぶつける方法

言葉に魂をこめると、言霊となる。 そして、言霊を受け取った者が生霊となる。 生霊は非常に面倒くさい。 ただ言霊をどう生み出すかわからない者もいるだろう。 今回は、言霊を発する方法について解説する。 言霊とは何か?言霊をぶつける方法 書き言葉...
diary

IQと孤独と苛立ち

私も、もう大人になった。 そう、不惑の年。 ジェントルマン。 常に平常心で、少しのことではイライラしない。 にっこり笑って、大体のことは「人間だもの」で許す慈悲の心。 そんな大人になれたと思っていたのだが…。 IQと孤独と苛立ちと 最近、バ...
diary

ニョキニョキの唄/たまに浮かぶ擬音または詩のような戯言

ニョキニョキニョキ ニョキニョキニョキ ニョキニョキとは ニョキニョキとは何であるか? ニョキニョキの発生点 ふいにニョキニョキニョキという言葉が浮かんできた。 ニョキニョキニョキと頭の中で反芻すると、何だか心地よい。 ニョキニョキニョキ ...